グラフ

空いた時間で手軽に始める

ファイナンスの1つとして仮想通貨は以前から注目されていましたが、その中でもc0banが特に注目されています。それは、スマートフォン等で動画広告を再生するだけで、報酬を得ることができるため、空いた時間で手軽に始められるところが魅力です。

詳しく見る

円とドル

取引を有利に進める

国内業者と違って、海外fx業者の多くは変動するスプレッドを採用しています。そのため一見狭そうに見えても、実際に取引すると大きく広がることがあります。一時的なスプレッドだけを見るのではなく、一定期間の平均値を比較すればより実際に近い数値がわかります。

詳しく見る

お金

日本が発祥地

仮想通貨が今大人気ですが、そんな中で日本発祥の仮想通貨c0banが注目を集めています。c0banはクラウドファンディングで資金を集め、大きく値上がりしています。動画広告アプリをインストールして、広告動画を見ると仮想通貨c0banがもらえます。

詳しく見る

PC

取引手数料と比較

海外fxでは国内と異なりリアルタイム変動制スプレッドを採用している為、工夫をして売買することで収益につながります。業者によって狭いスプレッドで取引手数料有料のところもあるため、取引手数料とどちらを取るか考えて口座開設しましょう。

詳しく見る

模型

これからの仮想通貨

現在では仮想通貨を売買する市場が出来上がっており、これまでの金融取引に並んで、投資先として注目を集めています。その中でも、c0ban取引所では、ブロックチェーン技術を用いた新しい考え方のもと、2017年より取引が始まっており、単価が安い今が参入のチャンスとも言えます。

詳しく見る

fxで必要な費用

株

海外業者の場合

fxをするさいにはさまざまな費用が掛かりますが、特に注意したいのが海外fxです。国内fxにおいては低スプレッドですし、また入出金手数料も無料で行うことができます。しかし海外fxにおいては事情が異なり多くの費用が発生します。海外fxでもっとも費用が必要となるのが入出金手数料です。海外fxでは海外送金という手段になるため手数料が多く発生します。採用されている仕組みは通常の銀行送金とクレジットカードです。しかしクレジットカードのルールとしては、入金した金額までしか出来ないためいずれ銀行による送金方法を利用することになります。クレジットカードを利用すれば手数料無料で行えますが銀行の場合には多額の手数料が発生します。海外fxの業者は送金手数料そのものは無料としているところもありますが、経由銀行の手数料や受取手数料が発生するので無料とはいきません。手数料としては2千円から6千円程度ですから気軽に出金したいというにはやや不向きです。fxにおける実質的な手数料となるスプレッドに関しては国内よりも数倍程度発生します。これは取引方法の違いと国内fxとは異なり変動スプレッドを採用しているためです。ただしスプレッドとは別に取引手数料を取っているところでは比較的低スプレッドのところもあり、時間帯によってはスプレットがゼロになるところもあります。入出金に関しては手数料は国を越えて行うため仕方がありませんが、スプレッドに関しては使い方においては有利になるケースがあります。特に別に手数料を取っているところでは低スプレッドとなるので大量の通貨を取引するさいには有利になります。

Copyright© 2017 海外fx業者を利用して副業をはじめよう|スプレッドの情報を要確認 All Rights Reserved.