日本が発祥地

お金

注目の仮想通貨

ビットコインをはじめ今世間では、仮想通貨が大人気です。そしてそんな仮想通貨の中で注目を集めている仮想通貨がc0banなのです。仮想通貨は現金に代わる決済手段として、その利便性から世界中に広がっています。そんな中でc0banは日本発祥の仮想通貨として、無限の可能性がある通貨なのです。c0banを発明したのは日本の起業家の小林慎和さんで、小林さんはブロックチェーンの研究から株式会社LastRootsを創業し開発したのです。c0banはコバンと読み、その資金はクラウドファンディングによって集めたのです。そして募集を開始してわずかの間に、資金の調達に成功して値上がりしています。最初にc0banを買った人は高騰して、7倍もの値上がりで大儲けしているのです。この大人気はそれだけc0banに対する市場に期待感の現れと言えるのです。そしてc0banのは江戸時代の小判を参考に開発されたもので、通貨単位はryoとなっています。こういった日本人になじみのあるイメージから、外国の仮想通貨より親しみやすいと言えます。この通貨の特徴として挙げられるのが、動画広告を採用していることです。これはどういうことかと言うとc0ban広告アプリをインストールして、広告動画を視聴するとcoban通貨をもらうことができる仕組みなのです。それからユーザーはもらったc0banを使って企業の商品を購入したり、サービスを受けることができるのです。また決済通貨としてc0banを使うこともでき、企業の宣伝になるのでみんながハッピーになるわけです。

Copyright© 2017 海外fx業者を利用して副業をはじめよう|スプレッドの情報を要確認 All Rights Reserved.